くらし情報『「映像研には手を出すな!」実写映画化、齋藤飛鳥ら乃木坂メンバー出演』

2019年10月15日 15:45

「映像研には手を出すな!」実写映画化、齋藤飛鳥ら乃木坂メンバー出演

Photo by cinemacafe.net

「月刊!スピリッツ」(小学館)にて連載中の大童澄瞳による「映像研には手を出すな!」が、監督・英勉(『ヒロイン失格』『あさひなぐ』)、「乃木坂46」出演で実写映画化されることが決定した。

原作は、虚実入り乱れた個性的な世界観と“最強の世界”を夢見てアニメーション制作を志す3人の女子高校生の青春冒険譚を描いた漫画。

2017年には「TV bros.」のマンガ賞である「ブロスコミックアワード2017」大賞を受賞したほか、Twitter投票にて選出される「俺マン2017」で1位、「この漫画がすごい!2018」オトコ編15位など、様々な賞レースで存在感を発揮。また、来年1月にはTVアニメ化も決定しており、作品人気上昇中だ。

今回の実写化で物語のメインとなる3人の超個性的女子高生たちを演じるのは、主人公・浅草みどり役を齋藤飛鳥水崎ツバメ役を山下美月金森さやか役を梅澤美波と、アイドルグループ「乃木坂46」の中心メンバー。

「アニメは設定が命!」が信条で、ことあるごとに妄想で世界を染め上げる変わり者の浅草役を演じる主演の齋藤さんは「こんな世界は今まで一度も体験したことがありません」と本作の印象を語り、「自分の中に在ったものを真っ直ぐ描いている作者様は天才です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.