くらし情報『横浜流星の“お料理男子”ぶりに「一生見ていられる」の声殺到「4分間のマリーゴールド」2話』

2019年10月18日 23:20

横浜流星の“お料理男子”ぶりに「一生見ていられる」の声殺到「4分間のマリーゴールド」2話

Photo by cinemacafe.net

人の“最期”が見える主人公と、1年後に死の運命を控えた義姉の禁断のラブストーリーを描く「4分間のマリーゴールド」の2話が10月18日オンエア。横浜流星演じる藍の“お料理男子”ぶりに視聴者から「かわいい」「一生見ていられる」などの声が多数寄せられている。

手を重ねた人の死の運命が視えてしまう特殊能力を持つ救急救命士・花巻みことを福士さんが演じるほか、みことが9歳のとき親の再婚を機に義理の兄弟となった姉の沙羅に菜々緒、元ヤンで現在は警備員として勤務する長男・廉に、兄弟たちの料理を担当する弟の藍に横浜さん。

みことの義母・花巻理津に麻生祐未、廉の親友・青葉広洋に佐藤隆太、藍のことが気になっている同級生の遠藤琴に鈴木ゆうかといったキャストが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
1年後に沙羅が死ぬ運命にある――みことは沙羅を過剰に心配するようになる。藍はそんなみことの様子に違和感を覚えていた。その頃みことは救急先で藍が料理の師匠と慕う老婦人・和江(松金よね子)に出会う。和江は過去に息子を亡くした寂しさからむやみに救急車を呼び困らせていた。繰り返し救急隊を呼ぶ和江に隊員たちは困り果てていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.