くらし情報『バズ・ラーマン監督作、エルヴィス・プレスリーの伝記映画の“妻”役女優が決定』

2019年10月28日 17:30

バズ・ラーマン監督作、エルヴィス・プレスリーの伝記映画の“妻”役女優が決定

Photo by cinemacafe.net

バズ・ラーマン監督がメガホンを取るエルヴィス・プレスリーの伝記映画で、エルヴィスの妻プリシラを演じる女優がオリヴィア・デヨングに決定したという。「Deadline」などが報じた。

オリヴィアは、オーストラリア出身で現在21歳。M・ナイト・シャマラン監督の『ヴィジット』(2015)では若くして主役を務め、サターン若手俳優賞にノミネートされたことがある。

オリヴィアが今作で演じることになるのは、オースティン・バトラー演じるエルヴィス・プレスリーと1967年から1973年まで婚姻関係にあったプリシラ・プレスリー。1959年、兵役中だったエルヴィスは、プリシラに出会い夢中になった。当時エルヴィスは24歳、プリシラはなんと14歳。プリシラの両親に「プリシラと結婚する」と約束をし、1963年から同棲をスタート。同棲を含めて計7年半ほど交際し、1967年に結婚した。1968年にはリサ・マリー・プレスリーが誕生。

ラーマン監督はオリヴィアの起用について、「オリヴィアは、プリシラが自分の力で“アイコン”になった複雑さや存在感を表現できる。非常に才能豊かな若手女優で、オースティン演じるプレスリーと互いに調和を見せるだろう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.