くらし情報『上白石萌音が初ナース、“超ドSドクター”佐藤健と冬ドラマでラブコメ』

2019年11月13日 05:00

上白石萌音が初ナース、“超ドSドクター”佐藤健と冬ドラマでラブコメ

Photo by cinemacafe.net

来年1月放送のTBS新火曜ドラマは、上白石萌音主演の「恋はつづくよどこまでも」に決定。初共演となる佐藤健を迎え、新米ナースと超ドSドクターの胸キュンラブコメディが展開する。

本作は、「プチコミック」(小学館)で連載されていた円城寺マキの同名漫画のドラマ化。ある医師と出会った主人公の七瀬。5年が経ち、彼を追って看護師となった七瀬は、憧れのドクター・天堂浬とついに再会。しかし、天堂は七瀬が思い描いていた人物とはまるで別人。超ドSな天堂に憤慨しつつも、根性で次々に起こる困難に食らいついていく。本作は、そんな七瀬を思わず応援したくなる、元気が出てくる物語だ。

GP帯連続ドラマ初主演となる上白石さんが演じるのは、主人公の新米ナース・佐倉七瀬。女優だけでなく歌手としても活躍する彼女が、今回初のナース役に挑戦。そして現在主演映画『ひとよ』が公開中の佐藤さんが、七瀬が一目ぼれする超ドSドクター・天堂浬を演じる。天堂は容姿も仕事の腕もピカイチで周りの誰からも一目置かれるエリート医師だが、周囲からは超ドSと見られ、“魔王”と恐れられている存在…。

上白石さんは「私が演じる七瀬は、恋だけじゃなくて、人として、ナースとして成長したいという思いが徐々に芽生えてくるので、男性としての憧れと、医療の現場で働く人としての憧れという2つの想いを持って天堂先生を追いかけているんだと感じたので、七瀬と共に自分自身も成長したいと思っています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.