くらし情報『スーパーモデル女優レティシア・カスタ「この素晴らしい女性を内面に宿らせたい」』

2019年11月24日 16:00

スーパーモデル女優レティシア・カスタ「この素晴らしい女性を内面に宿らせたい」

Photo by cinemacafe.net

寡黙で不器用な、ある郵便配達員が33年の歳月をかけ、たった1人で築き上げた宮殿の誕生秘話を映画化した『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』。本作では「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)」や「シャネル(CHANEL)」のミューズのスーパーモデルで、高橋一生と共演経験もあるフランス女優レティシア・カスタが熱演を見せている。

フランス政府指定の重要建造物となった“理想宮”の誕生秘話を、『レセ・パセ 自由への通行許可証』でベルリン国際映画祭男優賞を受賞した名優ジャック・ガンブランを主演に迎え、ニルス・タヴェルニエ監督が映画化した本作。撮影はほぼ全編を通し、現理想宮で行われた。

33年の歳月をかけ、夢想の宮殿を築き上げた郵便配達員シュヴァル。ひたすら頑固に信念を貫くシュヴァルを生涯にわたって傍で見守り支えた妻フィロメーヌを演じたのは、国際的モデル・女優として絶大な人気を誇るレティシア・カスタ。

15歳でスカウトされると、ヴィクトリアズ・シークレットのエンジェルをはじめ、100誌以上の雑誌のカバーを飾るスーパーモデルとして活躍。数々のトップブランドのミューズを務め、2018年のショートフィルム『Cinder Ella ~ある愛と自由の物語~』では高橋一生との共演でも話題を呼んだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.