くらし情報『カンヌ騒然、現代社会の“縮図”描く衝撃作『レ・ミゼラブル』2月公開決定』

2019年11月29日 15:00

カンヌ騒然、現代社会の“縮図”描く衝撃作『レ・ミゼラブル』2月公開決定

Photo by cinemacafe.net

第72回カンヌ国際映画祭でポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』と並んでパルムドールを競い、「コンペ最大のショック!」との称賛を受けて審査員賞に輝いたフランス映画『レ・ミゼラブル』が、2020年2月28日(金)に日本公開が決定した。

名作の舞台となったその街は悲しみ、怒り、憎しみ、そして暴力で溢れていた

ヴィクトル・ユーゴーの傑作「レ・ミゼラブル」で知られるパリ郊外のモンフェルメイユ。様々なバックグラウンドを持つ人々が暮らし、現在は犯罪多発地区となっているこの街を舞台に、現代が抱える闇をリアルに描いた本作は、まさに“世界の縮図”ともいえる衝撃作。

犯罪防止班に配属された新人警官のステファンと同僚たちが、ある少年の引き起こした些細な事件をきっかけに、やがて取り返しのつかない事態へと陥っていく様を、緊張感あふれる描写で描く。

第72回カンヌ国際映画祭では「コンペ最大のショック!」とセンセーションを巻き起こすと、その後、各国の映画祭でも数々の賞を獲得。第92回アカデミー賞国際長編映画賞(旧名称:外国語映画賞)のフランス代表作品にも選出されている。

監督・脚本を務めたのは、本作の舞台モンフェルメイユで生まれ育ち、現在もその地に暮らす、新鋭ラジ・リ監督。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.