くらし情報『亡くなった娘が蘇る…家族を襲う怒涛の恐怖『ペット・セメタリー』本予告』

2019年11月29日 17:00

亡くなった娘が蘇る…家族を襲う怒涛の恐怖『ペット・セメタリー』本予告

Photo by cinemacafe.net

ベストセラー作家スティーヴン・キングが自身の原体験からインスパイアされ、1983年執筆当時あまりの恐ろしさに出版を暫く見送った、悲しき“禁忌”ホラー『ペット・セメタリー』から、本予告映像が解禁となった。

今回解禁された本予告では、家族たちと田舎に引っ越してきたジェテ・ローレンス演じる少女エリーが、謎めいた動物の墓地“ペット・セメタリー”に踏み入る不穏な場面から幕を開ける。ジェイソン・クラーク演じる父のルイスは「死は自然なことだ」とエリーに優しく語り掛けるが、最愛の娘エリーを突然交通事故で亡くしたことを受け入れられるはずもなかった。

ペット・セメタリーのはるか奥の森に先住民が恐れる秘密の“死者が蘇る土地”があることを知ったルイスは、ジョン・リスゴー演じる隣人・ジャドの「気持ちは分かるが…アレは別の生き物だ」という忠告をよそに、エリーを蘇らせるために禁断の手を打ってしまう。

映像では、蘇った娘を受け入れられないエイミー・サイメッツ演じる母・レイチェルの恐怖の表情、エリーの髪を歪にとかすルイス、凶暴化した猫、床を這う変形した肉体、豹変して襲いかかるエリー…と家族を襲う悲劇を次々に捉えていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.