くらし情報『第26回全米映画俳優組合賞(SAG)のノミネーションが発表に』

2019年12月12日 13:10

第26回全米映画俳優組合賞(SAG)のノミネーションが発表に

Photo by cinemacafe.net

11日(現地時間)、第26回SAGアワード(全米映画俳優組合賞)のノミネーションが発表された。

映画部門では『スキャンダル』から主要キャラクターを演じたシャーリーズ・セロンが主演女優賞、ニコール・キッドマンとマーゴット・ロビーが助演女優賞にノミネートされるという快挙を果たした。シャーリーズは大喜びし、「わー。SAGアワードのノミネーションを聞いて興奮しすぎた。美しいキャストのみんな、おめでとう。あなたたちと映画製作の旅に出られたことに感謝」とのコメントを寄せている。

『スキャンダル』は作品賞にあたるキャスト賞にもノミネートされた。その一方で、ほかの重要な賞を受賞したり、ノミネートを受けてきたグレタ・ガーウィッグ監督の『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』が、SAGアワードの候補に挙がらなかったことに驚きの声が上がった。

授賞式は1月19日、ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムで開催される。

映画部門
■キャスト賞
『スキャンダル』
『アイリッシュマン』
『ジョジョ・ラビット』
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
『パラサイト 半地下の家族』

■主演男優賞
クリスチャン・ベール『フォード vs フェラーリ』
レオナルド・ディカプリオ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
アダム・ドライバー『マリッジ・ストーリー』
タロン・エジャトン『ロケットマン』
ホアキン・フェニックス『ジョーカー』

■主演女優賞
シンシア・エリヴォ『Harriet』(原題)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.