くらし情報『『SW』永宝千晶&津田健次郎らが続投、“ランド”若本規夫も20年ぶりに』

2019年12月17日 07:00

『SW』永宝千晶&津田健次郎らが続投、“ランド”若本規夫も20年ぶりに

Photo by cinemacafe.net

スカイウォーカー家の物語を描く「スター・ウォーズ」完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の吹き替えキャストが明らかになった。

今回発表されたのは、完結編を締めくくる11名の日本版声優。

フォースを覚醒させたレイ役の永宝千晶をはじめ、祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぐカイロ・レン役を津田健次郎、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカー役を、1作目『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』からルークを演じてきた島田敏、人気ドロイドC-3PO役の岩崎ひろし、レイア役は高島雅羅、フィン役は杉村憲司、ポー・ダメロン役は小松史法が続投決定。

また、ランド・カルリジアン役には『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のソフト版以来、約20年ぶりに若本規夫が担当する。

さらに、本作から新しく登場する未だ謎に包まれた存在、ゾーリ役を、『ワンダーウーマン』ガル・ガドットや「ゴシップガール」ブレイク・ライヴリーなどの声を担当する甲斐田裕子。プライド元帥役を、多くの海外作品で吹き替えを担当する金子由之。

悪の根源とも言えるシスの暗黒卿パルパティーン役は、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズでギブス航海士(ケヴィン・マクナリー)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.