くらし情報『木村拓哉&鈴木京香ら「グランメゾン東京」クランクアップに「寂しい」』

2019年12月26日 08:35

木村拓哉&鈴木京香ら「グランメゾン東京」クランクアップに「寂しい」

Photo by cinemacafe.net

最終話の放送を間近に控える木村拓哉主演「グランメゾン東京」が、感動のクランクアップを迎えたことが分かった。

木村さんが型破りなフランス料理のシェフ尾花夏樹を演じ、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストランを作り上げようと奮闘する姿が描かれていく本作。

夏にパリでクランクインした本作は、パリの三つ星レストラン「ランブロワジー」での撮影やフランス大使館の撮影協力など、料理への本格的な取り組みも注目された本作。初回放送は平均視聴率12.4%でスタートし、12月15日の放送では番組最高となる14.7%を記録。回を増すごとに盛り上がりを見せ、最終回への期待が高まっている。

「これで撮影が終わってしまうということに少しがっかりしているし、まだ認めたくない。寂しく感じています」とクランクアップへの思いを語った主演の木村さんは、サプライズでクランクアップの現場に駆け付けた寛 一 郎に対して、「このシーンを撮り始める前に、現場の前をウロウロしているのを見てしまって、サプライズが台無しではあったのですが(笑)」と笑いつつ、「でもそんな気持ちが嬉しいですし、寛 一 郎だけではなく、キャストやスタッフの皆さんの“心遣いの詰まった現場”だったので、凄く感謝しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.