くらし情報『坂口健太郎「シグナル」映画化&SPドラマ化へ「ボロボロになる姿を見せたい」』

2020年1月15日 05:00

坂口健太郎「シグナル」映画化&SPドラマ化へ「ボロボロになる姿を見せたい」

Photo by cinemacafe.net

坂口健太郎主演で2018年4月~6月にかけて放送された連続ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」の劇場版が2021年に公開決定。さらに、映画公開のタイミングでスペシャルドラマの放送も決定した。

謎の無線機が“現在”と“過去”の2人の刑事をつなぎ、共に未解決事件を解決していった本作。“現在”を生きる刑事・三枝健人を連続ドラマ初主演となった坂口さんが演じ、“過去”を生きる熱血刑事・大山剛志役の北村一輝とタッグを組んで、多くの未解決事件を解き明かした。

過去を変えたせいで、現実が思わぬ方向に塗り替えられてしまう矛盾。そして、複雑に絡み合う骨太な人間ドラマも相まって、謎を深めていく予測不可能なヒューマンサスペンスとして話題をさらった。

放送後は「GYAO Awards 2018」を受賞し、「テレビ見逃し部門」において年間で最もユーザーに支持されたテレビ番組に選ばれるなど絶大な指示を得た作品が、映画&スペシャルドラマとして帰ってくる。

坂口さんは、「また三枝健人の役をできること。そして、映画では連続ドラマで出来なかった新しいいろんな要素も加わり、すごく楽しみ」と撮影を心待ちにしていた様子。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.