くらし情報『鬼才・園子温&AKIRA “1+1=2”で作り上げた命の物語『ちゃんと伝える』』

2009年8月24日 21:38

鬼才・園子温&AKIRA “1+1=2”で作り上げた命の物語『ちゃんと伝える』

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

『自殺サークル』、『紀子の食卓』と過激なスタイルで社会問題にメスを入れ、各国の映画祭でその名を知らしめてきた園子温。約4時間に及ぶ異色作『愛のむきだし』に続き、故郷へと戻った鬼才は、一連の作品群から見て“異色の”と言える、父と息子の命の物語を完成させた。そのタイトルは『ちゃんと伝える』。そして、映画初主演として監督の思いを継ぐべき者として抜擢されたのが、EXILEで華々しい活躍を見せるAKIRA。2人に本作について語ってもらった。

――亡き父に捧げる一作として、園監督が本作で描くのは、余命を宣告された父と息子。これまでのエキセントリックな作風を取り払い、今回、敢えて映画の題材としては普遍的な“余命”を題材に選んだのはなぜですか?

園:余命モノの日本映画ってたくさんあるけど、死ぬ人がかわいそうとか悲しいとか単純なことで泣かせる感じの映画は全然好きじゃなくて、「絶対、俺はやらない!」と思ってたんだけど。親父が死んで、AKIRAくんと一緒に映画をやることになって(脚本を)書いてたら、「あ!これ余命モノじゃん!やべえ俺!」となって(笑)。いわゆる余命モノっていうのは生き残る人と死ぬ人の映画ですよね。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.