くらし情報『コリン・ファース、“ワンカット撮影”に「圧倒された」若き伝令に伝える『1917』本編映像』

2020年1月27日 16:00

コリン・ファース、“ワンカット撮影”に「圧倒された」若き伝令に伝える『1917』本編映像

Photo by cinemacafe.net

第92回アカデミー賞で作品賞を含む10部門にノミネートされているサム・メンデス監督の『1917 命をかけた伝令』。この度、英国の名優コリン・ファースの姿を捉えた本編映像が解禁、驚異の“ワンカット撮影”に感銘を受けたと語った。

若き兵士たちが困難なミッションに立ち向かう姿を臨場感たっぷりに、かつ観る者たちを物語への究極の没入感へと導き、登場人物たちの行動や心情を体感してもらうために、“ワンカット映像”という画期的な撮影方法が全編に採用された本作。第77回ゴールデン・グローブ賞では作品賞(ドラマ部門)、監督賞を受賞し、アカデミー賞には10部門にノミネート。総計で45の賞、152部門で受賞&ノミネートを記録している。

そんな本作でコリン・ファースが演じるのは、若き兵士2人に過酷な司令を課すエリンモア将軍。撤退したと思われたドイツ軍への総攻撃を中止させるのが目的だが、2人の若者に1,600人もの仲間の命を託すミッションを突きつける。

自身が演じたエリンモア将軍について「分かっているのは、彼が策士だということだ」とコリンは語る。さらに、「彼は非常に短い時間で伝令を課す候補者をチェックし、個人的な事情により全身全霊で任務を遂行しようとするであろう人物を意図的に選抜した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.