くらし情報『吉沢亮、2020年カレンダーはニューヨークで名作映画をオマージュ』

2020年2月3日 11:40

吉沢亮、2020年カレンダーはニューヨークで名作映画をオマージュ

Photo by cinemacafe.net

吉沢亮の4月始まりの2020年カレンダーの発売が決定。以前のカレンダーでも好評だった「映画」のオマージュ企画で、ニューヨークロケにて撮影が行われた。

昨年は連続テレビ小説「なつぞら」、アニメ映画『空の青さを知る人よ』など数多くの話題作に出演し、映画『キングダム』では第43回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞した吉沢さん。

今年はTBSテレビ「半沢直樹ll エピソードゼロ 狙われた半沢直樹のパスワード」への出演を皮切りに、映画『一度死んでみた』(3月)、『さくら』(秋)の公開を控え、2021年には大河ドラマ「青天を衝け」で主人公・渋沢栄一を演じることが決定している。

今年のカレンダーの撮影テーマは「映画×ニューヨーク」。映画好きの吉沢さん自身も、以前好評だった企画にぜひまたチャレンジしたいと、今回は舞台を世界に移して全編ニューヨークロケを敢行。

『タクシードライバー』『ウエスト・サイド物語』『ゴッドファーザー』など、ニューヨークが舞台となった名作映画の名シーンを切り抜き、ニューヨークならではの街並みや風景などをバックに、劇中の人物を彷彿とさせる衣装を身にまとった写真を撮り下ろしたものとなっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.