くらし情報『“もう一つの世界”の妻には婚約者が…切なすぎる『ラブ・セカンド・サイト』予告』

2020年2月14日 16:00

“もう一つの世界”の妻には婚約者が…切なすぎる『ラブ・セカンド・サイト』予告

Photo by cinemacafe.net

フランスで大ヒットした『あしたは最高のはじまり』のユーゴ・ジェラン監督と、『エール!』製作陣が再タッグを組んだ最新作『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』から、予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

今回解禁された予告編は、フランソワ・シビル演じるラファエルとジョセフィーヌ・ジャピ演じるオリヴィアの初々しい高校生時代から始まる。

結婚10年目を迎えたある日、目覚めたラファエルは“もう一つの世界”に迷い込んでしまう。元の世界では人気SF作家として活躍していたはずのラファエルは冴えない中学教師になる一方、小さなピアノ教室を開いていたはずのオリヴィアは人気のピアニストとして成功している、立場が逆転したものだった。

さらに、驚くべきことに彼女は彼のことを知らず、互いに一目惚れをした“運命の出会い”すらなかったことに。「あなたと結婚していたら、きっと幸せになれたわね」と笑顔で話すオリヴィアの言葉で、「僕は彼女を傷つけてばかりだった」とラファエルは過去の自分をふり返るが、自分の過ちを認め、彼女の存在の大切さに気づいたときには、彼女のそばには婚約者がいたのだった。

目に涙を浮かべこれまでの行動を悔やむラファエル。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.