くらし情報『ハリソン・フォードの相棒名犬バックの誕生秘話『野性の呼び声』』

2020年2月17日 18:00

ハリソン・フォードの相棒名犬バックの誕生秘話『野性の呼び声』

Photo by cinemacafe.net

ディズニー映画『ライオン・キング』『アラジン』を手掛けたクリエイターが、世界的名作冒険小説を実写映画化したハリソン・フォード主演最新作『野性の呼び声』。この度、ディズニーの名クリエイター、クリス・サンダース監督が“名犬バック”への強いこだわりを明かした。

本作は、アメリカを代表する作家、ジャック・ロンドンの世界的名作冒険小説を基に、地図にない地を目指し旅する男ソーントンと奇跡の名犬バックの出会い、そして言葉の壁を超えた友情と冒険を描く感動のアドベンチャー。

大自然に生きる熊や狼など、リアルな動物たちが多く登場する本作。中でも、ハリソン演じるソーントンと共に旅する“名犬バック”の表情は非常に豊かなのが印象的。言葉を話さずとも、彼の想いが伝わってくるようだ。

そんな動物たちについて「絶対的に信じられる存在でなければならなかった」と語るのは、ディズニー・アニメーション『美女と野獣』や『アラジン』など、数々の名作を生み出してきたサンダース監督。今回初めて実写とリアルなCGの融合に挑戦した監督は「その中でも私たちが絶対にやりたかったのは、バックに真の個性を持たせることでした。一人の役者として、彼のキャラクターを描きたかったのです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.