くらし情報『マイケル・B・ジョーダン、自身が演じた弁護士は「みんなに知ってもらうべき英雄」』

2020年2月19日 14:00

マイケル・B・ジョーダン、自身が演じた弁護士は「みんなに知ってもらうべき英雄」

Photo by cinemacafe.net

冤罪の死刑囚たちのために闘う弁護士ブライアン・スティーブンソンの実話を映画化した『黒い司法 0%からの奇跡』から、マイケル・B・ジョーダンらキャスト陣や監督が語る信念の特別映像が到着した。

「この映画はブライアン・スティーブンソンの実話」とマイケル・Bの言葉から始まる本映像。「彼はみんなに知ってもらうべき英雄だ」と自身が演じたブライアンを称賛する。現在も司法の闇と戦い続けるブライアン本人が続けて登場し、現状に対し「刑事司法制度には多くの問題があって不公平な判決や冤罪が頻繁に起こっている」と警鐘を鳴らす。ウォルター・マクミリアン(ジェイミー・フォックス)がいわれのない罪で逮捕される瞬間が挿入され「アラバマ州で起きた殺人事件で有罪となり死刑宣告を受けた」と解説する。

マイケル・Bとブライアンが肩を組み、仲良く雑談する様子に続いて、デスティン・ダニエル・クレットン監督は「ブライアンと話していく中でマイケル・Bの理解が深まっていった。感動したよ」と撮影当時の2人を思い返す言葉が。ブライアンから多くのことを吸収したマイケル・Bは「生死にかかわる仕事の邪魔をしたくないから連絡する度に申し訳なかった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.