くらし情報『清原翔の“ピエロ”姿が話題に 高畑淳子の演技にも感動の声続々「アライブ」8話』

2020年2月27日 23:40

清原翔の“ピエロ”姿が話題に 高畑淳子の演技にも感動の声続々「アライブ」8話

Photo by cinemacafe.net

松下奈緒、木村佳乃らが、薬物療法専門でがん治療に取り組む“腫瘍内科”の医師を演じる「アライブがん専門医のカルテ」の8話が2月27日放送。今回は高畑淳子演じるがん患者の生きざまに感動の声が殺到。清原翔の“ピエロ”姿にも注目が集まっている。

横浜みなと総合病院に勤務する腫瘍内科医・恩田心に松下さん。梶山薫に木村さん。心の義父・京太郎に北大路欣也。研修医の結城涼に清原さん。結城と同じ研修医・夏樹奈海に岡崎紗絵。心の同僚・光野守男に藤井隆。心が担当している全身がんの患者・高坂民代に高畑さん。若くして乳がんになった佐倉莉子に小川紗良といったキャストが出演する本作。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
抗がん剤治療を受けないと言う民代。心が理由を尋ねると、動けるうちにやりたいことをやっておきたいという。そんな時、高校生の井上和樹(萩原利久)が入院してくる。和樹は幼いころから入退院を繰り返しており、大学入学を目前に控えてがんが再発する。自身の弟もがん患者だった奈海は和樹に寄り添おうとするが、和樹から拒絶されてしまう…というのが今回のおはなし。

ブログでは元気そうで前向きな自分を演じている和樹に、奈海は「嘘をつく必要あるんですか?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.