くらし情報『近藤春菜、志尊&城田と「家族の一員になれた」『2分の1の魔法』で“母”役』

2020年3月12日 11:00

近藤春菜、志尊&城田と「家族の一員になれた」『2分の1の魔法』で“母”役

Photo by cinemacafe.net

昨夏『トイ・ストーリー4』で100億円を超える大ヒットを記録したディズニー&ピクサーが贈る最新作『2分の1の魔法』。この度、内気な少年イアンと陽気な兄・バーリーの母・ローレル役の日本語版声優に、「ハリセンボン」の近藤春菜が決定した。

近藤さんが演じるのは、兄弟の母親で、働き者でユーモアに溢れた性格のローレル。夫を亡くしてから女手ひとつで息子たちを育て、性格が全く違う息子のイアンとバーリーそれぞれに惜しみなく愛を注いでいる。また、ローレルは生前の夫から、イアンが16歳になったときに2人に渡してほしいと、プレゼントを預かっていた。

それは“1日だけ亡き父が復活できる魔法の杖”。生まれる前に亡くなった父に、“ひと目でいいから会いたい”と願うイアンは魔法で父を蘇らせようとするが、失敗して身体の半分の“足だけ”の姿で蘇らせてしまう。イアンとバーリーは父を完全に復活させるための旅に出るのだが、息子たちがいなくなったことに気づいたローレルは2人の後を追うことに...。

ときに勇敢に家族を守るため立ち向かう母・ローレルは物語に深く関わる重要なキャラクターであり、兄弟の“絆”が描かれる本作において、2人を大きな愛で包み込む存在として描かれている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.