くらし情報『中村倫也「僕が消えたら…」『水曜日が消えた』新予告 主題歌は須田景凪』

2020年3月13日 08:00

中村倫也「僕が消えたら…」『水曜日が消えた』新予告 主題歌は須田景凪

Photo by cinemacafe.net

中村倫也主演『水曜日が消えた』から、曜日ごとに入れ替わる“7人の僕”のうち、通称“火曜日”が水曜日に目覚めてしまう予告編が解禁。さらに、「アライブがん専門医のカルテ」の主題歌で話題を呼ぶアーティスト・須田景凪が本作で初の実写映画主題歌を担当することになった。

今回解禁された主題歌入り予告編では、主人公の“火曜日”が初めて水曜日の朝を迎える様子が初解禁。「2日あると世界が違う」と話すように、いつもは休館している図書館を楽しみ、その図書館で瑞野(深川麻衣)と出会う様子が、ポップで軽快な音楽にあわせて描かれる。

しかし、「火曜日だよな、そっち」と、携帯画面越しに“火曜日”ではない僕に問いかけられる場面が…。続いて、主人公に降りかかる謎を予感させるような場面が映し出される。元同級生の一ノ瀬(石橋菜津美)や医師の新木(中島歩)、安藤(きたろう)、友人の高橋(休日課長)ら“7人の僕”を取り巻く人物も登場する中、「水曜も木曜も大事な人がいて、僕のせいでお別れもできなかった。だから返してあげなくちゃダメなんだ」と切実な声で訴えかける火曜日。

それぞれの曜日の日常の一コマも登場するが、「僕が消えたらさ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.