くらし情報『『スクリーム』、ホラーが得意な監督コンビによって再び映画化へ』

2020年3月13日 15:15

『スクリーム』、ホラーが得意な監督コンビによって再び映画化へ

Photo by cinemacafe.net

1996年に公開された『スクリーム』が、再び映画化されるという。「The Hollywood Repoter」が報じた。『スクリーム』は、『エルム街の悪夢』の故ウェス・クレイヴン監督作。ネーヴ・キャンベルが主演、デヴィッド・アークエット、コートニー・コックスが出演し、2011年までに4本が製作された。

1作目にはドリュー・バリモアがチョイ役で出演していたり、パトリック・デンプシー、リーヴ・シュレイバー、サラ・ミシェル・ゲラーなど、のちに活躍することになる俳優の若い頃が見られるシリーズだ。2015年にはテレビドラマ化もされた。

今回、再び映画化される『スクリーム』は、リブート版なのか、または『スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション』に続く物語なのかは明らかになっていない。

監督は、昨年公開されたホラー&コメディ映画『Ready or Not』(原題)のマット・ベティネッリ=オルピン&タイラー・ジレットのコンビ。同作は製作費600万ドルに対し、世界興収5740万ドルを稼ぎ出したヒット作で、映画評論サイト「ロッテン・トマト」で肯定的なレビューが88%つく高評価を得ている。2人の監督は2014年の『デビルズ・バースデイ』のメガホンも取り、ホラー作品に定評がある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.