くらし情報『トム・クルーズ主演、ミイラの“原点”が蘇る『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』地上波初放送』

2020年3月20日 11:00

トム・クルーズ主演、ミイラの“原点”が蘇る『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』地上波初放送

Photo by cinemacafe.net

フジテレビ系では3月20日(金・祝)、トム・クルーズ主演の伝説的“ミイラ”映画のリメイク作品となる『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』を、緊急特別企画「春くるプロジェクト」第2弾として地上波初放送する。

灼熱の太陽が降り注ぐ現代の中東で、米軍関係者のニック(トム・クルーズ)と考古学者のジェニー(アナベル・ウォーリス)は謎の地下空洞に隠された巨大な棺を発見。調査のため棺を輸送するが、想定外の事態により飛行機は墜落。即死であったはずのニックが次に目を覚ますと、無傷で遺体安置所に横たえられていた。混乱するニックはジェニーを連れ、棺の行方を捜すためにその場を後にする。

ニックが目を覚ましたその頃、飛行機が墜落したロンドン郊外では、かつてファラオから裏切られ、復讐のために邪悪なモンスターと化し、棺に封印されていた古代エジプト王女アマネット(ソフィア・ブテラ)が現代に蘇り、5000年の時を経て人類への復讐をはじめようとしていた――。

本作は“ミイラ”の原点ともいえる『ミイラ再生』(1932年)を新たに蘇らせたもの。主人公のニックには『ミッション:インポッシブル』シリーズをはじめ、出世作の続編となる『トップガン マーヴェリック』の公開も控えるトム・クルーズ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.