くらし情報『辻希美「見て見ぬふりをすること」結婚で大切な3か条を明かす』

2020年3月23日 17:15

辻希美「見て見ぬふりをすること」結婚で大切な3か条を明かす

Photo by cinemacafe.net

AbemaTVの結婚リアリティーショー「さよならプロポーズ シーズン2」のMCを務める小藪千豊と辻希美の取材会が3月23日(月)に同局スタジオで行われ、それぞれに番組の見どころや自身の結婚生活について語った。

「結婚で大切な3か条」とは?

同番組は、長く付き合いながらもなかなか結婚に踏み切れないカップルが7日間の海外旅行を経て、最終日に別れか結婚を決断するというリアリティーショー。

本格的なMC初挑戦となる辻さんは、番組について「結婚している私ですら、すごく勉強になります。娘も一緒に見て興味を持った」と年齢や性別を問わずに楽しめると強調し、小藪さんも、番組内のカップルを「見ているとはらわたが煮えくり返る(笑)」と言いつつ「『俺もこういうところあるな』とか『俺はこういうことしてないな…。この男の子、偉いな』とか、自分をふり返るきっかけになっている」と明かす。

辻さんは俳優の杉浦太陽と2007年に結婚。4児の母で「理想の夫婦ランキング」でも上位の常連であり、小藪さんも愛妻家として知られている。そんな2人に「結婚で大切な3か条」を尋ねると辻さんは「まずは『好き』『大切』という気持ち。それから2人が平等でいて、お互いが頑張ること。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.