くらし情報『【レビュー】ピクサーが魔法を取り戻すための挑戦、その“半歩”を踏み出した『2分の1の魔法』』

2020年4月2日 19:00

【レビュー】ピクサーが魔法を取り戻すための挑戦、その“半歩”を踏み出した『2分の1の魔法』

Photo by cinemacafe.net

《text:内田涼》

神秘的な魔法が満ちあふれていた妖精たちの世界は、科学技術が発達したおかげで、いまや便利な生活が当たり前になり、かつての魔法も消え去ろうとしていた…。

日本公開が待たれる長編アニメーション『2分の1の魔法』の舞台とは、つまり人気タイトルの続編という“便利さ”に頼った結果、持ち味だったオリジナリティという魔法を失ったピクサー・アニメーション・スタジオのことを示唆している。本作はピクサーの魔法を取り戻すための挑戦であり、その旅路の“半歩”を踏み出した作品だ。原題「Onward」には、「前へ進む」という意味合いがあり、文字通り、ディズニー&ピクサー作品を前進させるという意思表明にも受け取れる。

その心意気は確かに伝わった。ただ、一歩前進と言い切れないのは、『2分の1の魔法』が正反対のコンビが繰り広げるバディもの、亡者に対する過度な思い入れ、クライマックスだけが突然すばらしいといった、近年のピクサー作品の“くせ”から抜け出せずにいるから(結末だけは歴代ピクサー作品として、5本の指に入る感涙ものだ)。

そんな本作を安定のクオリティとして許容するか、「また、これ?」と不満を抱くか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.