くらし情報『安斉かれん&三浦翔平&白濱亜嵐ら「M 愛すべき人がいて」見どころを語る』

2020年4月17日 17:00

安斉かれん&三浦翔平&白濱亜嵐ら「M 愛すべき人がいて」見どころを語る

Photo by cinemacafe.net

テレビ朝日とABEMAによる初の共同制作ドラマ「M愛すべき人がいて」が、明日4月18日(土)より放送スタート。放送開始にあたりこの度、安斉かれん、三浦翔平ら主要キャスト6名が本作への意気込みなどを語るコメントが到着した。

歌姫・浜崎あゆみが誕生するまで、そしてそこに秘められた出会いと別れを描く「M 愛すべき人がいて」を原作に、鈴木おさむ脚本で映像化する。

事実に基づいたフィクション原作のドラマ化として注目を集めている本作だが、頂点へと上り詰めていく平成の歌姫・アユ役の安斉さんは「初めてのお芝居で凄く緊張していたので、自分なりにどうやってこのドラマがより良い作品になり、見ている方にどう伝わるかを考えながら、沢山台本を読んだり、ご本人のMVなどを見たりしてイメージを膨らませていました」と事前準備を明かし、カリスマプロデューサー・マサ役に扮する三浦さんは「撮影中の現場に松浦さんご本人が来てくださって、『全然大丈夫ですので、好きな様にやって下さい』と言って頂き、それまで自分の中で持っていた多少の迷いが吹っ切れました」とコメント。

また、音楽業界の光と闇が描かれる本作。「デビュー前には沢山レッスンを重ねる所は、私も経験したので凄く共感しました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.