くらし情報『「R15+だが精神的に滅入る」…世界各国で上映禁止の実録スリラー『アングスト/不安』予告』

2020年5月26日 19:00

「R15+だが精神的に滅入る」…世界各国で上映禁止の実録スリラー『アングスト/不安』予告

Photo by cinemacafe.net

日本では“レンタル用VHS”が一度発売されたきりとなっていた1983年のオーストリア映画『アングスト/不安』(原題:ANGST)が、37年の時を経て7月3日(金)より日本劇場初公開。この度、その理由がくみ取れる、あまりにも異常で、あまりにも危険な本作から予告編映像が解禁された。

本作は、1980年にオーストリアで実際に起こった、殺人鬼ヴェルナー・クニーセクによる一家惨殺事件を映画化した実録スリラー映画。刑務所出所後の殺人鬼が感じる不安やプレッシャーによる異様な行動と心理状態を、凶暴かつ冷酷非情なタッチと斬新なカメラワークを用いて表現。狂人自身のモノローグで綴る構造や全編に徹底された陰鬱なトーンなど、作品自体が“異常”であり、他に類を見ない芸術性を発揮した衝撃的作品。

83年公開当時はそのショッキングすぎる凄まじい内容により、本国オーストリアでは1週間で上映打ち切り、ヨーロッパ各国でも上映禁止、イギリスとドイツではビデオの発売も禁止に。アメリカではXXX指定を受けた。日本でも劇場公開されず、『鮮血と絶叫のメロディー/引き裂かれた夜』というタイトルで1988年にレンタル用VHSが発売されたが、世の中に出回った数は極少、ほぼ誰にも観られることなく地下に埋もれた作品のひとつとなり現在に至る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.