くらし情報『広瀬アリス「安心感がすごかった」、永山絢斗「照れました」…“姉妹&兄弟”共演をふり返る』

2020年5月27日 17:30

広瀬アリス「安心感がすごかった」、永山絢斗「照れました」…“姉妹&兄弟”共演をふり返る

Photo by cinemacafe.net

NHKにて放送されるオムニバスリモートドラマ「Living」より、第1話と第2話にそれぞれ出演する、広瀬アリス、広瀬すず、永山瑛太、永山絢斗から収録を終えた感想を語るコメントが到着した。

阿部サダヲ演じる小説家の想像の世界として、4組の家族模様を映し出していく本作。喋るドングリ(声:壇蜜)を交えながら、広瀬姉妹が出演する第1話、永山兄弟が出演する第2話、中尾明慶×仲里依紗夫婦出演の第3話、青木崇高×優香夫婦が出演する第4話が放送される。

今回の姉妹共演についてアリスさんは「初めて二人でお芝居をやったので面白かったです。姉妹だからこそ自由にできる感じもあって、まさにリビングで会話しているようでした」と言い、「一度テストをやった後、ここはちょっとテンポアップしたいなって思ったところをお互い自然と修正していて、あぁやっぱり通じるんだなって。安心感がすごかったです」とコメント。またすずさんも「坂本さん独特のリズム感の二人芝居なので、大変かもしれないと思っていましたが、姉妹なので楽しく演じられました」とふり返る。

第1話は、実は誰にも見せない“裏の顔”を持つ姉妹の物語を描くドラマ。見どころについては「姉妹でやるということもぜひ楽しみにしていただきたいですし、Livingという題名にしっかり合ったリビングでのゆるーいひとコマ、自然体なゆるーい掛け合いだったりを楽しんでいただければ良いなと思っております」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.