くらし情報『松本まりか&徳永えりの“対決”に「30分じゃ足りない」…安達祐実主演「捨ててよ、安達さん。」7話』

2020年5月30日 08:43

松本まりか&徳永えりの“対決”に「30分じゃ足りない」…安達祐実主演「捨ててよ、安達さん。」7話

Photo by cinemacafe.net

女優・安達祐実が“本人役”を演じる「捨ててよ、安達さん。」の第7話が5月29日放送。今回は安達さんの“愛読書”たちが夢の中で争うというストーリー。松本まりかと徳永えりの共演に視聴者たちから喜びの声が上がっている。

女性向けのライフスタイル雑誌の編集者から“毎号私物を一つ整理してほしい”という企画の依頼を受けた安達さんの夢に、様々な“捨てられないモノ”たちが擬人化して現れる…という本作。

安達さんが“安達さん”本人役に扮し、安達さんの夢の中に出てくる謎の少女には川上凛子。西村マネージャー役には西村晋弥。劇中の安達さんが出演しているドラマの共演者・梶原ひかり役で梶原さん本人が出演するほか、“捨てられないモノ”役で毎回豪華なゲストが続々登場。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
今回は、連載ネタも尽きかけてきたころ、西村マネージャーから次に捨てるものについて「本とかどうですか?」と助言され、何かを思い出した様子の安達さん。その夜、夢で部屋を掃除していると訪ねてきたのは、“愛読書”のハードカバー版であるヨウコ(松本まりか)と、文庫本のミヤ(徳永えり)。

「どちらかを捨てて欲しい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.