くらし情報『ジョディ・フォスター主演&製作総指揮で贈る社会派サスペンス…午後ロー『ブレイブ ワン』』

2020年6月1日 12:00

ジョディ・フォスター主演&製作総指揮で贈る社会派サスペンス…午後ロー『ブレイブ ワン』

Photo by cinemacafe.net

6月1日(月)のテレビ東京「午後のロードショー」に、2度のアカデミー賞に輝くジョディ・フォスターが主演、製作総指揮も務めたサスペンスムービー『ブレイブ ワン』が登場する。

ニューヨークでラジオ番組のパーソナリティーを務めるエリカ・べイン(ジョディ・フォスター)は、婚約者のデイビッド(ナビーン・アンドリュース)との挙式を控え充実した毎日を過ごしていたが、ある日、愛犬を連れ訪れたセントラル・パークで3人の暴漢に因縁をつけられ暴行されてしまう。数週間後、ようやく目覚めたエリカを待っていたのは、デイビッドの死という受け入れ難い事実。

心身共に深い傷を負い、恐怖心で愛するニューヨークの街を歩けなくなったエリカは、護身用にと拳銃を購入する。ある夜、コンビニで殺人現場に出くわしたエリカは、犯人に向けて護身用の銃を発砲、射殺してしまうがエリカは不思議な安堵感に包まれる。その後、地下鉄内でチンピラ2人に絡まれた際は迷わず2人を射殺。どちらの事件も撃ち殺されたのが前科者だったため、世間はこの射殺を勇気ある自警行為として受け止め“処刑人”と呼ぶようになる。

そして“処刑人”を追っていたニューヨーク市警のマーサー刑事(テレンス・ハワード)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.