くらし情報『安達祐実の演技に「リアルなのか演出なのか」…視聴者驚愕「捨ててよ、安達さん。」8話』

2020年6月6日 09:00

安達祐実の演技に「リアルなのか演出なのか」…視聴者驚愕「捨ててよ、安達さん。」8話

Photo by cinemacafe.net

安達祐実が“自分役”で主演を務める「捨ててよ、安達さん。」の8話が6月5日深夜放送。今回は夢の中の“謎の少女”の正体と、過去の恋愛を語る安達さんの演技に多くの視聴者が注目した模様だ。

安達さんが女性誌から「手放して心地よく暮らすひと。」をテーマに、“毎号私物を一つ捨てる”という連載企画の相談を持ちかけられると、夢の中に謎の少女と“捨てられないモノ”たちが擬人化して次々に登場する…という本作。

安達さんの他には、夢の中に出てくる謎の少女に川上凛子。西村マネージャーに西村晋弥。出演作の共演者役で梶原ひかりが本人役で出演。“捨てられないモノ”役のゲストには貫地谷しほり、臼田あさ美、加藤諒、片桐はいり、渡辺大知、松本まりか、徳永えりといった面々が登場してきた。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
夢の中で謎の少女の真相を探ろうとする安達さんのもとにまたまた来訪者が。それは安達さんがかつて交際していた男性に釣り合うようにと無理して買った靴(早織)だった。長年箱の中にいたため卑屈になってしまった彼女は「捨ててください」と安達さんに頼み込む。

無理して大人っぽくなろうとしたがデート中、ショーウインドーに映った自分がみすぼらしく見えたという安達さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.