くらし情報『林遣都が一人三役で挑む“ソーシャルディスタンスドラマ”「世界は3で出来ている」放送』

2020年6月11日 12:45

林遣都が一人三役で挑む“ソーシャルディスタンスドラマ”「世界は3で出来ている」放送

Photo by cinemacafe.net

フジテレビがアフターコロナ時代に贈る、林遣都が主演にして唯一の出演者となり、“新しい制作様式”で生み出されたソーシャルディスタンスドラマ「世界は3で出来ている」が6月11日(木)にオンエアされる。

コロナ禍による緊急事態宣言で“STAY HOME”が勧められ、人々は自粛生活を続けていた。本作は“新しい生活様式”のもと、限られた制約をあえて楽しもうと生まれた企画。

すでにリモートドラマはいくつか放送されているが、本作はリモートドラマではなくリモートによる打合せと、“密”を避け安心安全な撮影を徹底した“ソーシャルディスタンスドラマ”である。

本作で主演にして唯一の出演者となるのが、Netflixの「火花」や連続テレビ小説「スカーレット」などに出演、2018年放送の「おっさんずラブ」が爆発的ヒット、多くの視聴者を魅了した林遣都。林さんが演じるのは、商事会社勤務の望月勇人(もちづき・ゆうと)、会計士の望月泰斗(もちづき・たいと)、茨城在住で農園を経営する望月三雄(もちづき・みつお)。29歳の一卵性三つ子。林さんが一人三役を演じるのはもちろん初めてのこと。

この三つ子という設定に「とても難しいだろうし、かなり挑戦的な企画だなと思いましたがやりがいを感じました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.