くらし情報『大森南朋「監督と一緒に、人間ドラマをしっかり作った」 『笑う警官』舞台挨拶』

2009年9月30日 12:23

大森南朋「監督と一緒に、人間ドラマをしっかり作った」 『笑う警官』舞台挨拶

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

累計販売部数100万部を超える、警察小説の金字塔「道警シリーズ」の第1作「笑う警官」を原作に、映画界のカリスマ・角川春樹が12年ぶりにメガホンを取った。9月29日(火)、角川監督を筆頭に、主演の大森南朋忍成修吾、蛍雪次朗、野村祐人伊藤明賢矢島健一ら“警察”一派と原作者の佐々木譲が一堂に会して、映画『笑う警官』の舞台挨拶が行われた。

本作は、北海道警察で実際に起きた組織ぐるみの事件を題材に、刑事たちの間で繰り広げられる攻防戦を描く。角川監督は、「今回は、犯人を追うのも追われるのも警官。ひとりひとりの警官が警察という組織の冷酷さや非情さ、傲慢さに挑んでいきます」と作品を説明。エンターテイメント性にこだわったという作品の出来について、「原作のベストセラーとホイットニー・ヒューストンによる主題歌、そして映画の三位一体が久しぶりに実現した。150万人動員できなければ、映画は辞めようと思ってます」との宣言をした。

そんな監督とのコラボレーションに、大森さんは「僕らの世代は角川映画を観て育ってきたので、ご一緒できて夢が叶ったような気分です。(監督が)

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.