くらし情報『『音楽』アヌシー映画祭で“最優秀オリジナル音楽賞”受賞、北米公開へ』

2020年6月22日 16:30

『音楽』アヌシー映画祭で“最優秀オリジナル音楽賞”受賞、北米公開へ

Photo by cinemacafe.net

大橋裕之の伝説の自費出版漫画を長編アニメーション化した映画『音楽』が、フランスで開催されている「アヌシー国際アニメーション映画祭」にて最優秀オリジナル音楽賞を受賞したことが分かった。

原作漫画は、楽器を触ったこともない不良学生たちが、思いつきでバンドをスタートさせる初期衝動溢れるロック奇譚。映像化不可能と言われた漫画をアニメーション化するにあたり、岩井澤健治監督はほぼ独力による個人製作に挑み、製作期間は7年以上、全て手描きの作画枚数は実に40,000枚を超え、また実写で撮影した素材をアニメーション化する「ロトスコープ」など様々な手法を取り入れた。

声優にはミュージシャンの坂本慎太郎をはじめ、駒井蓮、前野朋哉、芹澤興人、平岩紙、竹中直人らが参加。1月より新宿武蔵野館、シネマスコーレにて公開が始まり、新宿武蔵野館ではリニューアルオープン後の初日動員数、興収の新記録を更新、3連休全ての上映回が満席に。そして全国拡大公開へと続き、観客動員数3万人突破を記録。

昨年のカナダのオタワ国際アニメーション映画祭にて見事グランプリを受賞し話題となったが、これに続き今回、世界四大アニメーション映画祭のひとつ、フランスの「アヌシー国際アニメーション映画祭」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.