くらし情報『間宮祥太朗“沢口”の今後と市川実日子“多佳子”の過去に注目…「BG~身辺警護人~」5話』

2020年7月16日 23:40

間宮祥太朗“沢口”の今後と市川実日子“多佳子”の過去に注目…「BG~身辺警護人~」5話

Photo by cinemacafe.net

木村拓哉主演、丸腰の状態で“命の盾”となり、あらゆる危険からクライアントを護る民間ボディーガードの姿を描いた「BG~身辺警護人~」の5話が7月16日放送。間宮祥太朗演じる沢口の“今後”と、市川実日子演じる多佳子の“秘密”に多くの反応が集まっている。

木村さん演じる島崎章が、勤務していた日ノ出警備保障に身辺警護課が新設され“BG”に復帰。高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮さん)らと共に活躍する姿を描いた前シーズンから約2年。本シーズンでは日ノ出警備保障が外資系企業に買収され「KICKSガード」に社名変更。章は買収元の経営者・劉光明(仲村トオル)の裏の顔を知り、会社を辞め独立。そんな章を追って高梨も「KICKSガード」を退社する。

大手が引き受けない難易度の高い案件を受ける2人だが、劉は章らを潰そうと裏で画策、1話で沢口に刃を向けた男が章の周囲に現れるように。前回のラストでついに男は章の自宅にまで迫る…というのがこれまでの展開。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
注目の5話は、劉の第一秘書・岩田一也(三宅弘城)の下で働いている角田凪子(成海璃子)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.