くらし情報『ルビー・ローズ、LGBTQ+のヒーローを「若い人たちに見て欲しい」DC「バットウーマン」を語る』

2020年8月13日 18:00

ルビー・ローズ、LGBTQ+のヒーローを「若い人たちに見て欲しい」DC「バットウーマン」を語る

Photo by cinemacafe.net

DCTVシリーズ「BATWOMAN/バットウーマン<シーズン1>」のDVDレンタル&デジタル配信開始を前に、主人公バットウーマンことケイト・ケインを演じたルビー・ローズのインタビューが到着。レズビアンのキャラクターとしても注目を集めた本作への想いを語った。

本作は、バットマンが突如消えて3年が経ったゴッサム・シティを舞台に、DCTVシリーズ初のLGBTQ+ヒロイン“バットウーマン”が、愛する人、家族、そしてゴッサム・シティを守るため数奇な運命に翻弄されながらも強く運命を切り開いていく最新作。

ルビーはバットウーマンへのキャスティングについて、「まず(クリエイターの)サラとキャロラインに会って、この番組に興味があるかどうか話をしました。今とは変わってしまいましたが、基本的にはこのシーズンがどんな感じになるのかを説明してくれたんです。そのアイデアは素晴らしくて私はとても興味を持ち、実際すごく手応えを感じました」とサラ・シェクター、キャロライン・ドリースとのやりとりをふり返る。

その後、「オーディションを受けてみて、ケイトのキャラクターは完璧に自分に合っていると感じました。キャロラインとサラの脚本は大好きです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.