くらし情報『オリヴィア・ワイルド「映画監督を続けること」が目標、日本へのコメントも『ブックスマート』』

2020年8月22日 10:00

オリヴィア・ワイルド「映画監督を続けること」が目標、日本へのコメントも『ブックスマート』

Photo by cinemacafe.net

先日、米ソニー・ピクチャーズの新たなマーベル映画に起用されたとの報道が出たオリヴィア・ワイルド監督。この度、『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』の日本公開に寄せて、日本限定のインタビューと日本の観客に向けた動画コメントが到着した。

ハリウッドのトップ女優として活躍してきたオリヴィア・ワイルドは、『Free Hugs』(11/原題)で短編監督を手掛けた後、世界的ロックバンド「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」の「Dark Necessities」(16)のMV監督などをへて、ついに本作で長編映画監督デビュー。

本作で批評家、観客から絶賛の高評価を受けると、次作にはアトランタ五輪女子体操選手の実話の映画化『Perfect』(原題)、フローレンス・ピューら豪華キャストを迎えたサイコ・スリラー『Don’t Worry, Darling』(原題)の監督として抜擢。そして先日は、女性ヒーロー、スパイダーウーマンが主人公のマーベル映画に起用されたと米「Deadline」が報じたばかり。脚本は本作や『Don’t Worry, Darling』でタッグを組んだケイティ・シルバーマン。現時点で公式発表はまだだが、本人のTwitterでもスパイダーの絵文字を投稿し、SNSでは映画ファンたちの間で大きな盛り上がりをみせている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.