くらし情報『剛力彩芽、SSFF & ASIA監督陣とタッグで3作品に主演「全く違った剛力彩芽を」』

2020年9月8日 13:00

剛力彩芽、SSFF & ASIA監督陣とタッグで3作品に主演「全く違った剛力彩芽を」

Photo by cinemacafe.net

9月16日(水)~27日(日)までの開催が決定している米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)2020」の「クリエイターズ支援プロジェクト」にて、剛力彩芽主演で3本のショートフィルムを製作することが決定した。

「SSFF & ASIA」では、映画祭代表・別所哲也の「未来の映画業界を支える日本人クリエイターの活躍の場を増やしたい」という想いのもと、これまでも「U-25プロジェクト」の立ち上げなどを行ってきたが、さらなる作品製作のフォローや発表の場を創るべく「クリエイターズ支援プロジェクト」を始動。日本人監督の多彩なる才能のもと創られたショートフィルムを、世界に向けて発信する。

今回、企画段階から携わったという主演・剛力さんが扮する3人の女性は、“男から逃げる女” “マスク依存症” “なりすまし”など、衝撃的なキーワードが躍る作品ばかり。剛力さんが女優としての新境地を切り拓く作品のメガホンをとるのは、過去にSSFF & ASIAでノミネート・受賞してきた3人の監督たち。

井上博貴監督は、2017年オムニバスホラー映画『狂い華』内の1篇、堀田真由主演『呪いうつり』の監督・脚本を担当。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.