くらし情報『紺野まひるがアンバサダー役を回顧、企業内の憩いの場は「とても素敵な空間」』

2020年9月23日 19:20

紺野まひるがアンバサダー役を回顧、企業内の憩いの場は「とても素敵な空間」

劇中では、コーヒーを飲むスペースが、憩いやコミュニケーションの場として機能する様子が描かれるが、大関さんは「(自身にとっては)SNSのコメント欄はファンとのリアルなコミュニケーションの場で、コメント欄で相談をくれたり悩みをしゃべってくれたり、生配信で悩みをみんなで聞いたり、(直接は)会っていなくとも、リアルなコミュニケーションの場が、コメント欄にはあると思います」と映画の中のような憩いの場とはまた異なる、いまの時代の新しいコミュニケーションの場について言及した。

2篇の演出をした榊原有佑監督は、これから公開を控える【Thank You篇】について「社会人になって、多くの人が一度は感じたことがあるであろう、自分の人生これでいいの?自分がやりたいことって? といった葛藤を描いています。ちょっとしたきっかけで視点が変わるという描き方をしていて、多くの人に共感していただけると思います」と見どころを語った。

イベント第2部で行われた2020の授賞式では、今年のBRANDED SHORTS各賞が発表。「BRANDED SHORTS OF THE YEAR ナショナルカテゴリー」は「ハロー!ブランニューワールド」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.