くらし情報『『バットマン』撮影現場にコリン・ファレルもいたことが判明…メイクで別人に』

2020年10月14日 11:54

『バットマン』撮影現場にコリン・ファレルもいたことが判明…メイクで別人に

Photo by cinemacafe.net

イギリス・リバプールの「セント・ジョージ・ホール」の外で行われた『The Batman』(原題)の撮影現場に、ロバート・パティンソンやゾーイ・クラヴィッツのほかにコリン・ファレルも参加していたことが明らかになった。

コリンは特殊メイクにより姿を完全に変えており、どこからどう見ても元の面影はゼロ。ふくよかな体型に薄毛のウィッグ、付け鼻、頬に深く刻まれた傷をメイクで施したコリンは、ヴィランのペンギン/オズワルド・コブルポットを演じている。

ネット上では「これがコリン・ファレルだと言われても、どうしても信じることができない」「すでにオスカーのメイクアップ賞の匂いがする」など、驚きの声やオスカーへの期待の声が上がっている。

また、メイク後のコリンを「ロバート・デニーロみたい」「いや、ブルース・キャンベルに似ている」と似た俳優を指摘する声もある。参考までに、これまでアカデミー賞でメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した作品には、メリル・ストリープがマーガレット・サッチャーを演じた『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』や、シャーリーズ・セロンが実在の人物メーガン・ケリーにそっくりに扮した『スキャンダル』などがある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.