くらし情報『三浦春馬主演映画『天外者』の舞台裏映すドキュメント放送』

2020年12月12日 06:00

三浦春馬主演映画『天外者』の舞台裏映すドキュメント放送

Photo by cinemacafe.net

幕末から明治初期、日本の未来のために駆け抜けた男、五代友厚を描く『天外者』が、12月11日昨日より公開が始まった。この度、本作のドキュメントを12月20日(日)午後4時から放送することが決定した。

薩摩藩士から明治政府役人を経て実業家となり、商都大阪の礎を築いた五代友厚。“大阪の恩人”とも呼ばれ、大阪市内に五体の銅像がある。しかし晩年、ある事件に巻き込まれ、長らく歴史に埋もれてきた。五代の功績を再評価し、その志を後世に伝えようと、2013年、市民有志による映画プロジェクトが立ち上がった。だが、勉強会やイベントを重ねても、映画化への機運は高まらなかったのだという。

そして2016年、田中光敏監督が合流し、翌年、五代友厚役を三浦春馬さんに託す。2019年秋、京都でクランクインし、三浦春馬さんと約10年ぶりの共演となる三浦翔平が坂本龍馬、西川貴教が岩崎弥太郎役として初めての時代劇に挑戦した。また三浦春馬さんも、時代劇で初めての主演となった。

大阪経済の礎を築きながら、歴史に埋もれた五代を圧倒的な熱量で演じた三浦春馬さん。五代の生き方はいまの時代に何を問うのか?五代の映画化を夢見た人々、監督、キャストたち――「天外者 五代友厚」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.