くらし情報『大竹しのぶ“美幸”、電話の相手に「お母さん生きてるの?」視聴者ざわめく…「監察医 朝顔」8話』

2020年12月22日 00:10

大竹しのぶ“美幸”、電話の相手に「お母さん生きてるの?」視聴者ざわめく…「監察医 朝顔」8話

Photo by cinemacafe.net

上野樹里が法医学者を演じ、時任三郎と親子役で、風間俊介と夫婦役共演する「監察医 朝顔」第2シーズンの8話が12月21日オンエア。重く悲しいストーリーに「辛すぎる」「苦しくなった」などの声が上がる一方、大竹しのぶ演じる美幸にも注目が集まっている。

人気同名コミックをドラマ化、今シーズンは月9初の2クール連続放送となる本作。法医学者の主人公とベテラン刑事の父の親子がさまざまな事件を、解剖と捜査それぞれの方法でアプローチ。遺体から見つけ出された“生きた証”が、生きている人たちの心まで救っていくさまを描いていく。

興雲大学の法医学教室に勤める法医学者・万木朝顔(まき あさがお)を上野さんが、朝顔の父でベテラン刑事の万木平(まき たいら)を時任さんが、朝顔の夫となった神奈川県警捜査一課の刑事・桑原真也を風間さんがそれぞれ演じるほか、法医学教室の主任教授である夏目茶子には山口智子。

また法医学教室メンバーとして高橋涼介を中尾明慶が、安岡光子を志田未来が、藤堂雅史を板尾創路が。野毛山署強行犯係の係長・山倉伸彦を戸次重幸が、森本琢磨を「SixTONES」森本慎太郎。桑原の姉で刑事の忍をともさかりえがそれぞれ演じている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.