くらし情報『波瑠&松下洸平のハッピーエンドに祝福、江口のりこの“名言”に共感の声も…「#リモラブ」最終回』

2020年12月24日 00:20

波瑠&松下洸平のハッピーエンドに祝福、江口のりこの“名言”に共感の声も…「#リモラブ」最終回

Photo by cinemacafe.net

波瑠が日本テレビ連続ドラマ2年ぶりの主演を務めた水曜ドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」が12月23日の放送で最終回を迎え、放送後のSNSにはハッピーエンドを讃える声が多数集まるとともに、江口のりこ演じるゆりの“名言”にも多くの反応が寄せられている。

波瑠さんと「世界一難しい恋」のスタッフが再タッグを組み、連続テレビ小説「スカーレット」の水橋文美江が脚本を手がけた本作。

波瑠さんが“企業において労働者の健康管理を行う医師”である産業医として鐘木パルプコーポレーション“通称カネパル”に勤務する大桜美々役で主演。美々は自粛期間中、オンラインゲーム上で“檸檬”と名乗るアカウントと出会い、“草モチ”としてコミュニケーションを取るなかで“檸檬”に恋をするのだが、実は“檸檬”がカネパルの社員だということが判明。

“檸檬”の正体である青林風一を松下洸平が演じ、その他、当初“檸檬”のふりをして美々に近づいた五文字順太郎に間宮祥太朗。新人看護師として美々と働く八木原大輝に「HiHi Jets」高橋優斗。カネパル社員行きつけの居酒屋「おと」を手伝う八木原の彼女・乙牧栞に福地桃子。カネパル人事部部長でシングルファザーとして息子・保を育てる朝鳴肇に及川光博。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.