くらし情報『柄本佑は18年越しの映像化「アクターズ・ショート・フィルム」監督5人のインタビュー映像』

2021年1月21日 18:15

柄本佑は18年越しの映像化「アクターズ・ショート・フィルム」監督5人のインタビュー映像

Photo by cinemacafe.net

磯村勇斗、柄本佑、白石隼也、津田健次郎、森山未來と日本のエンタメ界を担う5人の人気俳優が短編映画を監督する、開局30周年を迎えるWOWOWの一大プロジェクト「アクターズ・ショート・フィルム」。この度、それぞれが作品に掛けた思いを語るインタビュー映像が到着した。

製作費・製作日数など、同条件で25分以内のショートフィルムを製作。世界から約5,000本のショートフィルムが集まる米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」のグランプリを目指す本プロジェクト。


磯村監督は学生時代に自主映画を製作していたことがあるほどの映画好きだが、仕事として監督業に携わるのは今回が初めて。主演は朝ドラ「ひよっこ」でも共演している泉澤祐希。

「監督として名乗れるのはここから。『アクターズ・ショート・フィルム』がスタートな感じがします」と明かし、監督作『機械仕掛けの君』でなぜSFというジャンルを選んだのか問われると、人工知能やテクノロジーというものに元々興味があったようで「より身近に感じられ、危機感も持てる題材にしたいと思い選びました」と作品の着想点を語る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.