くらし情報『シリアで突然の拘束…『ある人質 生還までの398日』緊迫の本編映像』

2021年1月22日 16:00

シリアで突然の拘束…『ある人質 生還までの398日』緊迫の本編映像

Photo by cinemacafe.net

398日間にわたってシリアで過激派組織IS(イスラム国)の人質となり、奇跡的に生還したデンマーク人写真家の実話を映画化した『ある人質 生還までの398日』。この度、主人公の写真家ダニエルがシリアで市井の人々を取材中に突然謎の男たちに拘束されてしまう緊迫の本編映像が解禁された。

本作はジャーナリストのプク・ダムスゴーの「ISの人質13カ月の拘束、そして生還」を原作に、人質の視点でISの内側を本格的に描いた作品。『ミレニアムドラゴン・タトゥーの女』のデンマーク出身ニールス・アルデン・オプレヴ監督と、『幸せになるためのイタリア語講座』の俳優で本作にも人質救出の専門家役で出演しているアナス・W・ベアテルセンが共同で監督を務めて映画化した。

今回解禁となる本編映像は、ダニエルが戦火の日常を撮りたい、とシリアに入国し取材に向かった街で、理髪店の人々など笑顔で撮影している最中に突然、理不尽に拘束されてしまう緊迫した場面。

ダニエルのガイドが用意した取材許可証も役に立たず「誰が許可した?ここのボスは俺たちだ」とダニエルたちを拘束し、無理やり車へと押し込んでしまう男たち…。


オプレヴ監督は「撮影方法は『ミレニアムドラゴン・タトゥーの女』に似ている」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.