くらし情報『芳根京子“美亜”の正体に「騙された」、中条あやみ“来美”の遺伝子にも注目集まる…「君と世界が終わる日に」3話』

2021年2月1日 07:00

芳根京子“美亜”の正体に「騙された」、中条あやみ“来美”の遺伝子にも注目集まる…「君と世界が終わる日に」3話

Photo by cinemacafe.net

主演・竹内涼真、ヒロイン・中条あやみで贈る「君と世界が終わる日に」の3話が1月31日にオンエア。響たちが逃げ込んだ先で出会う女優・美亜、芳根京子演じる美亜の“正体”に視聴者から怒りの声が殺到中だ。

竹内さんの日本テレビ連続ドラマ初主演作にして、地上波ゴールデン帯の連続ドラマでは日本初の“終末世界”で繰り広げられる本格ゾンビ作品ともなる本作。

神奈川の三浦で自動車整備工として暮らしていた間宮響に竹内さん。響の恋人で研修医の小笠原来美に中条あやみ、響と来美とは同級生の警察官・等々力比呂に笠松将、響が出会った大学生の柊木佳奈恵に飯豊まりえ、響や等々力らを導いてきたが銃撃されてしまった本郷大樹に大谷亮平、テコンドーを駆使するユン・ミンジュンにキム・ジェヒョン、“化け物”を研究する首藤公貴に滝藤賢一といった顔ぶれが出演。

響は来美にプロポーズするはずの日トンネル崩落事故によって閉じ込められ数日後脱出するが、三浦半島一帯は封鎖され、謎の感染症で死んだ人間が“化け物”となる“終末世界”と化していた。本郷や等々力らと出会い、無線から来美の声を聴いた響は、“化け物”の手を逃れながら自衛隊の駐屯地を目指すが、途中、宇和島(笹野高史)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.