くらし情報『大倉忠義と広瀬アリスの“キス”に「心臓止まる」、末澤誠也の“キス失敗”にも多くの反応…「知ってるワイフ」8話』

2021年2月26日 00:20

大倉忠義と広瀬アリスの“キス”に「心臓止まる」、末澤誠也の“キス失敗”にも多くの反応…「知ってるワイフ」8話

Photo by cinemacafe.net

大倉忠義主演、広瀬アリスら共演の「知ってるワイフ」の8話が2月25日オンエア。“新たな世界”でも澪から告白された元春、2人の“キス”と、末澤誠也演じる篠原の“キス失敗”に多くの視聴者から反応が集まっている。

人気韓国ドラマを原作に、大倉さん演じる主人公・剣崎元春は10年前、大学時代に学校の“マドンナ”沙也佳とコンサート鑑賞の約束を取り付けるも、会場に向かう途中のバスで女子高校生・澪の落とし物を拾ったことから後に彼女と結婚する。当初は幸せだったはずが彼女だが“恐妻”と化し辟易する日々を送る元春は、謎の男から渡された500円玉でタイムワープ。新たな人生で沙也佳と結婚、優雅な毎日を過ごしていたが、そこに澪が同僚として現れ、幸せだった沙也佳との結婚生活にも亀裂が…という本作。

“以前の世界”では認知症の母の世話や子育てに追われるなか、非協力的な元春の姿勢に“恐妻”になり、“新しい世界”では銀行員として元春の支店に赴任、津山と交際をはじめる建石澪に広瀬さん。“新しい世界”では元春の妻となるが、学生時代から続けるチェロに対する夢を抱き続けていた大企業・西急グループ令嬢の沙也佳に瀧本美織。澪と付き合うことになる元春の同僚、津山千晴に松下洸平。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.