くらし情報『『ワン・モア・ライフ!』監督が語る、“死”というテーマを軽やかに仕上げるための工夫』

2021年3月1日 16:30

『ワン・モア・ライフ!』監督が語る、“死”というテーマを軽やかに仕上げるための工夫

Photo by cinemacafe.net

人生のロスタイムを手に入れた中年男を描き、イタリアで大ヒットしたコメディ映画『ワン・モア・ライフ!』から、ダニエーレ・ルケッティ監督のオフィシャルコメントとメイキング写真が到着した。

フランチェスコ・ピッコロによるベストセラー「モメンティ ディ トラスクラビレ フェリチタ(取るに足らない幸せの瞬間)」と「モメンティ ディ トラスクラビレ インフェリチタ(取るに足らない不幸の瞬間)」(日本未出版)を映画化した本作。監督自身、友人に本を贈っていたというほど原作の大ファンだという。

監督は、原作について「よく人にプレゼントしたり、いくつか引用したりしました。なぜなら、想像上の些細な備忘録に記された数千ものパラグラフの中に、いずれは読者に関係するであろう何かがあると思うからです。それが明らかに逆説的な話であろうと、雷で打たれるようなパラグラフであろうと、常に私たちには、こう言う瞬間があります。『それって、私のことだ!』」と、その魅力を語っている。

また、映画の舞台となるパレルモについては「私たちは天国と地上の狭間のこれらの『瞬間』、つまり本当の天国と物語が展開するパレルモの街との狭間にある『瞬間』を語るということで、パレルモの街を拠り所としました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.