くらし情報『放送映画批評家協会賞が発表に『ノマドランド』と「ザ・クラウン」が席巻』

2021年3月9日 12:30

放送映画批評家協会賞が発表に『ノマドランド』と「ザ・クラウン」が席巻

Photo by cinemacafe.net

第26回放送映画批評家協会賞授賞式が開催された。映画部門では、ノミネーション時点では『Mank/マンク』が12ノミネーションを獲得・リードしていたが、最多4部門受賞となったのは『ノマドランド』だった。同作は作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞を受賞した。「The Wrap」によれば、この20年以上、放送映画批評家協会賞の受賞者・作品の70パーセントがオスカーを獲得しているという。作品賞についてはこの10年で5回、オスカーの受賞作品と一致している。

テレビ部門は「ザ・クラウン」が主要賞をほぼ独占。チャールズ皇太子役のジョシュ・オコナーとダイアナ妃役のエマ・コリンの劇中“夫婦”が主演賞を獲得した。

映画部門

作品賞
『ノマドランド』

監督賞
クロエ・ジャオ 『ノマドランド』

主演男優賞
チャドウィック・ボーズマン 『マ・レイニーのブラックボトム』

主演女優賞
キャリー・マリガン 『Promising Young Woman』

助演男優賞
ダニエル・カルーヤ 『Judas and the Black Messiah』

助演女優賞
マリア・バカローヴァ 『続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』

外国語映画賞
『ミナリ』

テレビ部門

ドラマ部門

作品賞
「ザ・クラウン」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.