くらし情報『ディーン・フジオカ×岩田剛典「シャーロック」映画化!『バスカヴィル家の犬』2022年公開』

2021年3月17日 05:00

ディーン・フジオカ×岩田剛典「シャーロック」映画化!『バスカヴィル家の犬』2022年公開

Photo by cinemacafe.net

ディーン・フジオカと岩田剛典が唯一無二のバディとなり、2019年10月期のフジテレビ月曜9時枠の連続ドラマで放送されたミステリーエンタテインメント「シャーロック」の映画化が決定。原作シリーズの中でも史上最高傑作と呼び声の高い長編をモチーフに『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』として2022年に公開されることが決定した。

連続ドラマは、アーサー・コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案として、現代の日本に舞台を置き換え、ディーンさん演じる犯罪捜査コンサルタントの誉獅子雄(ほまれ・ししお)と、岩田さん演じる元精神科医の若宮潤一(わかみや・じゅんいち)が、東京の様々な街で起こる11の事件を解決しつつ、バディとして絆と青春の記録を描いた痛快ストーリー。

その作りこんだストーリー、魅力的なキャラクター造形、テンポの良い演出とエンタテインメント性に富んだ「シャーロック」は話題となり、初回視聴率12.8%を獲得、初回放送のFOD見逃し配信の視聴数は118万と月9枠史上歴代1位を記録するなど、好評を博した。物語終盤では、主人公・獅子雄と宿敵の犯罪者・守谷壬三との緊迫感ある対峙とその衝撃的なラストが注目を集め、引き続いての放送となった特別編では、シリーズ最終話で死亡したと思われた獅子雄が3年ぶりに若宮のもとに戻り、物語の幕を閉じた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.