くらし情報『「ゲーム・オブ・スローンズ」が舞台化 ドラマの16年前のウェスタロスが舞台』

2021年3月31日 14:20

「ゲーム・オブ・スローンズ」が舞台化 ドラマの16年前のウェスタロスが舞台

Photo by cinemacafe.net

「ゲーム・オブ・スローンズ」が、原作者ジョージ・R・R・マーティンによって舞台化されることが明らかになった。マーティンは舞台「Lungs」「1984」などで受賞歴のあるダンカン・マクミランとともに脚本と演出を手掛ける。監督は舞台監督・脚本家として活躍するドミニク・クック。2023年にニューヨーク、イギリスのウエストエンド、オーストラリアで開幕予定だという。「The Hollywood Reporter」などが報じた。

舞台版「ゲーム・オブ・スローンズ」では、ドラマ版の時代の16年前に起きたウェスタロスの歴史で最も重要なイベントの1つ、「ハレンの巨城での馬上槍試合」が描かれる。「ドラマでアイコン的存在となったキャラクターや、有名になったキャラクターが登場する」という。具体的なキャラクター名は明かされていないが、マーティンの著書によれば、この試合に出場したのは若きネッド・スターク、その妹リアナ、自信過剰なティーンエイジャーのジェイミー・ラニスター、ロバート・バラシオン、恋に夢中なレイガー・ターガリエン、熱血漢なオベリン・マーテル、高貴な騎士バリスタン・セルミーら。

小説「氷と炎の歌」シリーズから、ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.